www.oilchangehelp.com

.

.


最近の子供服は進化しています。 昔は小学生くらいなら、どんなに体格が良くても子供だと分かったものです。 なぜなら、服装が子供っぽかったから。 ところが今は、子供か大人か、わかりにくくなりました。 子供服がまるで大人顔負けなのです。 大人のファッション雑誌に出てくるような素敵な服が、そのまま安価になって子供服として売られています。 またそれが似合うほど、子供達も大人っぽくなったとも言えるでしょう。 ほんの幼児の服も、ほとんど大人と変わりないデザインです。 細身のスキニ―パンツや、ビンテージ風デニム。 アニマル柄や、モノトーン。 ジャケットがあったり、編上げのブーツまであります。 こうなると、子供を含めて大人のファッションのようですね。 オシャレは楽しいですが、動きにくかったら困ります。 まだ幼いうちは、見た目よりも機能性で選んであげることも大切かもしれません。 どんなに大人びた格好をしても子供は子供。 それを忘れないようにしたいところです。