www.oilchangehelp.com

.

.


日常生活で、より効率よく頭と体を使うために、ONとOFFの切り替えは大事ですよね。 OFF状態の時、周りの環境をどう作ったら、一番心が休まるのか、いろいろ試してみました。 部屋で音楽を聴くとして、いったいどんなジャンルが良いのかと。 試した候補は、クラシック、ジャズ(ビッグバンド)、ジャズ(チルアウト)、ヒーリングミュージック、ボサノバです。 どれもかける曲によって、心の状態や気分に変化がありました。 その中でも、一番心を落ち着ける効果があったのが、クラシックでした(ほぼ予想通りですが)。 曲はあまり知りませんが、モーツァルト、ショパン、ヨハンシュトラウスを聴きました。 モーツァルトは明るくさわやかな曲調で、朝にぴったりでした。 心が晴れやかになり、忙しい朝や気分が乗らない週明けの朝など、とても良いと思います。 ショパンは曲よって明るかったり暗かったり、ちょっと曲調に気分が振り回されそうですが、 聴きなれたピアノの音は落ち着きます。 ヨハンシュトラウスはワルツ王と呼ばれる人で、ヨーロッパの華やかな風景が広がり、 落ち込んだ心を元気にしてくれそうです。